自律神経失調症と日常の記録

自律神経失調症との闘いについて書きたいと思います

お題:もう一度見たいドラマ

お題「もう一度見たいドラマ」

 

いつも長いので短めに!

 

流星の絆

二宮和也主演、錦戸亮戸田恵梨香の三人兄弟が、強盗殺人により殺害された両親の仇を取ろうというストーリー。

原作は東野圭吾の小説から。

ラストシーン、結末が意外でなーんかモヤモヤするけど、闇落ちから復帰する兄弟が輝いて見える素敵な作品!

 

P.S.

ニノがかっこいいです笑

わたしの症状のお話 ①

普段のわたしの生活を完結にまとめてみようかなと思いました。

半年、1年以上この症状だと、自律神経失調症の可能性大です。わたしは3年耐えてやっと診断されました。

それでは…

 

  • 起床

起きる時間の1時間前のアラームで少しずつ目覚めますが、起きるべき時間になっても頭目覚めていないような重さを感じます。

熱っぽい、だるい、重い、吐き気がする…

  • 通勤

徒歩15分、電車40分、さらに徒歩15分

乗り換え時間等踏まえると1.5時間の通勤時間です。

人が多い、吐き気。

電車では立っていると、冷や汗、吐き気、めまい、目の前が暗くなっていく感じ…

酷ければ途中下車して休んでから出勤。

  • 仕事

夜は途中覚醒のため寝た気になれず、午前中はひどく眠いです。

昼休憩に入るやいなや、お昼寝。1時間後の午後スタート直前まで寝ています。

午後のお仕事はなかなか調子がいいです。

  • 帰宅

帰りの電車は比較的席が空いており、座ることができます。

乗り換えの際に人混みによる動悸がたまにあります。

帰宅後、ありえないほどの疲れ、重だるさ。風邪をひいて熱があるんじゃないか?というくらい。

少し横になろう…

横になったら終わりです。さらに体が重くなり、数時間は動けなくなります。

  • 睡眠

寝付けない時もあります。途中覚醒もあります。

布団に入ると、1日の疲れを感じながら眠りにつけるので、やっと終わった〜という気分にはなれますが、夜中明け方に目覚めてしまうので、とてもイライラします。

 

休日もほぼ同じです。

5時間くらいしか出かけていないのに、疲れすぎて帰宅後は動かなくなります。

昔は10時間立ち歩き仕事をしていたものですが…

 

1日のサイクルは毎日この感じですが、今は処方箋で安定しています。

逆にいえば、めまいなどの症状に対する安定性がないので、急に強いもの、弱いものが現れることもあります。

 

自律神経失調症だと、風邪かな?と思いがちですが、風邪薬も、メニエル病のお薬も、抗生剤も効きません。(個人差あり、全く効かないわけでもない)

根本治療は、自律神経の乱れ改善になるので、お薬や生活習慣を考えないといけないところです。

 

わたしはまず

・動画を見ながら寝落ちる

・タバコを減らす

ことからですね…

 

病院に行ってまいりました

この前土曜日にも内科に行きましたが、本命は今日!

心療内科へ行き、色々お話ししました。

 

先生は問診票を見るなり

「これはどう見ても、確実に自律神経失調症ですよね」

と仰っていました。

内科、耳鼻科、脳神経外科、ほかの心療内科に行ってあれだけ話したのに、今日のこの時まで自律神経失調症と言われたことがありませんでした。

なんだか少しだけ、ある意味で安心…

 

希望に応えてくれる先生で、診断名が聞きたければ暫定でもお話ししますとのことなので、教えてもらいました。

 

        これは確定だそうです。

 

        自律神経失調症に伴って出ているようです。

 

        自傷傾向、不安や落ち込みから、暫定的にとのことです。

 

  • パーソナリティ障害

        状況によって出てくる動機などの発作から見ると、暫定的にありえるとのことです。

 

抑うつか、パーソナリティ障害かはどちらか一方の可能性もあるし、また別の診断になるかもしれないようです。

 

お薬は、今まで飲んでいたレクサプロを継続して、頓服がアルプラゾラムリーゼになりました。

睡眠時の途中覚醒が1ヶ月ほど続いていて、仕事の休憩時間はご飯を食べずに1時間丸々寝ていることをお話ししたら、依存性の低いネスタという睡眠薬を処方してくださいました。

 

調子が悪かったのもあり、さっそくリーゼを飲んだところ、眠気がない!!

これはとても嬉しいです。

 

今日から改めて治療をスタートしますが、昔みたいに元気になれるといいなと思います…。

 

安定しない体調です

少しご無沙汰な感じですが、そこそこ上手くやっています。

 

相変わらず立っていられなかったり立ちくらみがあったり…

ここのところは、睡眠が不十分すぎています。

 

数時間おきに目覚める、ひどい時は1時間、30分おきに。

寝つきは悪くはないですが、必ず何度か起きて、朝は1時間以上早く目覚めます。

日中は本当に眠くて、最近は仕事の休憩1時間を全て睡眠に使って、ご飯を前倒しにしています。

 

こんな生活はうんざりです…

 

そこで、今まで内科に通っていましたが、心療内科を受診することに決め、明日初診の日です。

不眠を含め、パニック障害うつ起立性調節障害、この辺りを見てもらいたいと思っています。

 

 

ところで、今日はひさびさに胃痛がありました。伴って吐き気もあり、フラフラ感…

気分も安定せず、イライラしたり発狂しそうな気分で、集中力も無くなってたので、副作用の眠気がきつくて飲まずにいたアルプラゾラム(頓服)をひさびさに飲んでみると、すっきり。

 

あしたは午前中に休暇をもらっているので、ゆっくり病院に行ってまいります。

 

 

それでは、おやすみなさい。

 

経験談の暗い話、誰かに届くかな

6年前になりますか…

母が急に仕事を辞め、ケータイの連絡先を全消去。狂ったようにペンを持ち、意味のわからないことを言って、時には苦しんだり。

病院は、本人が嫌だというので見送りにしていたので確信はないですが、ノイローゼ統合失調症の部類かと思われます。

 

この時わたしはフリーターで、仕事をして帰ると発狂した母、自殺観念もあった母。

付き合いの飲み会で楽しんでいると、急に電話が来て「早く帰ってこないと大変だから」と。

特に大変なことはないのですが、謎の強迫観念があったようです。

 

数ヶ月ほど母はこの苦痛に耐えて、今では病気をしながらも仕事をバリバリしています。

母が復帰したと同時に、わたしがうつになりました。

 

何ヶ月も、毎日毎日、寝る前はふと涙が出ました。

ダメな自分をキツく否定するもう一人の自分の声がしたり、外に出れば赤の他人が自分を見て嘲笑っているんじゃないか…

仕事ではとりわけミスをしたわけでもないのに、存在するだけで迷惑なんだ、邪魔なんだ。

今思えば、ひどい被害妄想ですが、実際にこういう風に思ってしまう自分がいました。

 

心のつらさを軽減するために、自分の左腕を強く引っ掻いたり、爪を立てたりして肉体的な痛みで生を感じていました。

今もそのけはありますが、流血はしません。でもこの当時はかさぶたも作っていて、本当に危ない状態だったのかもしれません。

 

数ヶ月そんな生活をしながら、気づいたら心がつらいという気持ちは無くなっていました。

とてもラッキーでしたが、代わりにストレス耐性がなくなってしまいました。

仕事が忙しい、職場関係がうまくいかない、などがあるとすぐにストレス性胃腸炎になっていて、毎月毎月まともにご飯が食べれず、数ヶ月で5〜10キロほど体重は落ちました。

 

それからは、体調の悪さが悪化していきました。列挙してみます。

 

発熱、微熱、頭痛、胃痛、吐き気、倦怠感、疲れやすい、体が重い、めまい、立ちくらみ、耳詰まり、耳が聞こえづらい、神経過敏(家の電気でさえ眩しい、家電の音がうるさく感じる)、首肩の凝り、寒気、冷や汗、脂汗、手足の冷え(夏でも寒く感じたり)、気分の落ち込み、不安感、劣等感、人が怖い

 

最後の方は気分障害ですが、何ヶ月も何ヶ月も、毎日毎日これらの5個以上はありました。

 

血液検査。一般的なものから、アレルギー、リウマチ、甲状腺…全部陰性突発性難聴でもなく(なりかけとは言われました)、メニエル病でもなく。

全く原因がわからず…

つらすぎて、車道に飛び込もうと何度も思いました。

 

症状ももう慣れてきて、受け入れていこうと思っても、だんだん悪化するばかり。母にも否定されたり、自分の体調のつらさをわかってもらえる人がいないこともとてもつらかったです。

それでも耐えて耐えて、ズルズルと今まで過ごしてきましたが、現在は比較的元気にやっています。

 

もし同じ経験をしている方がいたら、ぜひ共有しましょう!

自分よりつらい人がいる、他の人のが頑張っている。ではなく、自分が頑張っているんですよね!

 

負けそうになっている誰かに届けばいいなと思ってこの記事を書きました。

それではでは。

最近の経過はいい感じです

処方箋治療が始まってから、今日で2週間です。

いい感じといいつつも、時々落ち込んで涙が出そうになったり。急につらくなって自傷(左手に爪を立てたり引っ掻いたり、左足を殴ったりで、血は出ませんがアザはできています)をしてしまったりはありますが…

 

1日1錠夕食後の薬、レクサプロの副作用は吐き気と眠気。これの眠気はわたしは大丈夫ですが、吐き気は最初かなりキツかったです。

それも今となってはだいぶ和らいできて、寝起きに少しムカムカするなぁ、程度になりました。

 

頓服のアルプラゾラム 。副作用が眠気。これはとても強烈です。

めまい、立ちくらみ、頭痛、その他もろもろの症状がつらい時に1回半錠〜1錠。薬剤師からは5時間空ければ次飲んでもよいと言われています。

最初のうちは1錠飲んでいましたが、体調も少しずつまともになり、現在は1回半錠にして飲んでいます。

めまいと立ちくらみが本当にひどいので、調子の悪い時はやはり通勤電車で立っていられなくなります。

そんな時に頓服を飲んでいますが、薬が効いてきて調子が良くなると同時に、急激なまぶたの重さと耐え難い眠気…

デスクワークのわたしには、とてもじゃないけど耐えられません!!笑

 

木曜日には、通っている整骨院で鍼をやってもらいました。

「この院に通って鍼をやっている患者さんの中で、一番状態が悪いよ」

この一言で、ある意味で少し救われた気がします。

仕事で残業して家に帰ってきてすぐ横になってしまい、具合が悪くて体が動かず何もできない。休みの日はたくさん休んでおきたいし、相変わらず具合が悪いことに対しての、母の言葉がいつも心に突き刺さっていました。

「具合悪いで寝てばっかり」

「休みなのに寝てばっかり」

「みんな疲れてるの」

 

体が動けばやりますが、本当に動けないでいて、色んな病院も何度も何度も通って原因もわからず苦しんでいたところにこれは…

具合が悪い、立ちくらみがひどい、体が動かない…そんな自分を受け入れられなくもなっていました。

具合が悪いと思っているのは実は嘘なんじゃないか?

 

そんな毎日を送っていましたが、整骨院での一言で自分は嘘をついていなかったと、少し安心できた気がします。

 

母にも、何度も話していましたが、改めて面と向かってまじめに自分の話をして、ようやくわかってもらえたようです。

婚約相手も、体のつらさや副作用のキツさへの理解を持ってもらえていて、とても頼りがいがあります。

 

少しずつ少しずつ、難を突破して、心も体も楽になりつつあるかなぁと思っています。

 

今は、とりあえず体調を安定させるのに集中していきます。

それからは、周りの大事な人からの理解と支えに感謝の気持ちをしっかり返せるように、元気に成長したい!

そんな今日この頃です。

北海道旅行✈️

今までで体調が一番つらかったのが今年に入ってからでしたが、GWの10連休で北海道に旅行に行きました。

 

飛行機、電車、移動が長くて長くて…

行きは新千歳からの札幌観光。その日のうちに旭川へ行きましたが、移動時間は累計8時間!

全部座れたので、体調は問題なしでした。

 

旭川では、旭山動物園旭山公園などなど桜を見たり。

幌加内町の旧JR深名線幌加内駅跡に行ったり、幌加内そばを食べて観光。

夜中にお散歩は星が綺麗で、私の住む地域は建物が多く人も多いので、夢のような景色と空気でとても癒されました。

現地観光は、自分にとっては大切な人との行動だったのでストレスもなく、むしろ癒されてメンタル的にも落ち着いていました。

 

飛行機やら移動やら、慣れない環境で体調が心配でしたが、なんとか乗り切ったし、大きな不調もなく安定していてよかった連休でした。

 

リフレッシュ!!

明日からまた現実世界、耐え抜きましょう!!

 

 

[おまけ]

昨夜薬を飲み忘れて今朝急いで飲みました…

体は問題なし!

とりあえずよかったよかった…